学術データ

トナー関連

トナー分野で汎用される遠心法付着力の測定

トナー付着力の測定には、遠心法による測定が汎用されています。弊社では、遠心法付着力測定装置NS-S200型による付着力測定について、受託測定を行っております。測定の理論は以下の通りです。

遠心法概略図

  • ローター 
  • ホルダー
  • コントローラ
  • 付着する表面・素材
  • セル

enshin.jpg

遠心法における理論式は以下に表わされます。基本的には運動方程式F=maの変形式です。質量に対して遠心加速度rω2を乗じたものが分離力となります。遠心により50%の粒子が表面から分離する遠心加速度を求め、質量を掛け合わせたものが平均付着力F50となります。

F = (π/6)・ρ・d3・r・ω2
ρ:true density of praticle
d :diameteyr of pratidle
r :radius ofrotation
ω:anglar velocitiy of rotation

 
ns_56.jpg

トップ | 製品紹介 |    会社概要 |    サイトマップ |   お問い合わせ

Copyright (c) 2007-2016 Nano Seeds Corpration. All Rights Reserved.

ns_60.jpg